お問い合わせ

↑↑↑役立つ!料理やビジネス、アレルギー、健康、英語などに関する無料レポート一覧↑↑↑

商品の勧め方 販売戦略・方法

 

アフィリエイトでもなんでもそうですが、

ある商品を買ってもらうために、ただ

「これ、今人気なんですよー、買ってください」

では、誰も買いません。

ましてや、見ず知らずの人だったらなおさらです。

ですので、今後どのようなビジネスでも役に立つような、

商品をすすめるときのポイントについてお話ししようと思います。

ちなみに、お客さんがその商品を少し興味があって見ているところから説明いたします。

 

1:興味を示すために、問題点を提示する

結構、これができていない事が多いですが、その商品の良いところばかりを説明して、

欠点を全く言わない。

これは、後々のクレームにもなりますし、面白いことに

”欠点を提示されないと逆にお客さんは不安になります。”

どのような商品でも、良いところがあれば、良くないところもあるでしょう

まずはそれを探してください。

 

2:問題点を拡大化する

つまり、「この商品のこういうとこやばいっす」みたいな、

不安を煽り立てます。

 

3:問題点の解決策を提示

ここできました。解決策!

これで、お客さんは安心します。

例を挙げると、その問題点が

 

・値段が高いって場合は、こちらで購入するのが一番安いです。とか

・この問題には、こうしたら解決しますっていうような具体的な解決策を教える

 

とか、自分が客になった時の立場で、どのような心配事があるかを想像して

その解決策や、フォローをしてあげるとお客は喜びます。

 

4:購買意欲を高める

例えば、期間を限定したりと希少性を高めます。

ここで、その商品の良いところを大公開するのです!\(^o^)/

 

5:自分の考えを述べる

ここで、いままで検証した結果、

自分はどう思っているかを伝えます。

もしくは、自分自身がその商品を使っていた場合、体験談を書くと信頼性が上がります。

 

6:販売

ここまで来たら、お客さんにあと一押しするだけです。

ここで、ガンガンおススメする必要はありません

かるーく、その販売店、サイトへ誘導するのです。

地味すぎず、目立ちすぎずに^^

 

さいごに

この他にも、何か証拠の資料や、証明書があれば、決めの一手にもなりえますので。

あと、写真などを入れて、わかりやすく見せるのもポイントですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ