お問い合わせ

↑↑↑役立つ!料理やビジネス、アレルギー、健康、英語などに関する無料レポート一覧↑↑↑

返報性 ”コントラスト” 続き

前回に”拒否したら譲歩”という話をしました。

 

これには続きがあり、

 

その要求を“呑んだとしても地獄、断っても地獄”

 

という、悪魔的な構造があるのです。

 

それは、、

ひとつ、例をあげましょう。

 

前回の”コントラストの原理”を使われ、

 

高価な絵画を勧められました。

 

*パターン1

 

それでも買わなかった場合、、

実は、あまり欲しくなかったものであっても

 

2回も断ったことに対して、罪悪感が残ります。

相手が譲歩してくれたのにもかかわらず、自分は何もしなかった、、

 

というマイナスの感情だけが残ります。(自分は全く悪いことをしていないのにもかかわらず)

 

 

*パターン2

 

高価な絵画を買ってしまったとします。

 

その後に、「なんであの時、買ってしまったんだろう」と後悔する。

 

という2つがあり、

 

 

さらに、、、、、

 

 

 

それ以降、その人は不信感を抱き、

この”拒否したら譲歩”という法則が、通用しなくなる、、、

 

と、思われがちですが

 

実はむしろその逆で

 

“拒否したら譲歩”の法則が通用しやすくなるのです。

 

 

 

ある違う実験で、

 

無償のボランティアをお願いしました。

 

 

 

参加した人たちの中で、

 

この”拒否したら譲歩”の法則を使った場合と、使わなかった場合

 

2つのグループが、

 

 

もう一度、同じボランティアに参加する確率は、

 

 

“拒否したら譲歩”の法則を使われた対象者は、

 

9割近くも、また参加するという結果になったそうです

 

 

このように、とても奇妙なことに思えることも、

 

こちらの要求通りに、人々を同意させ、将来も志願するように仕向けることができるのです。

 

 

こんな法則を理解して、実行している人がいる。

 

ほとんどの人が、それを気付いていない。

 

恐ろしいですね、、、(-_-メ)

 

 

 

とは言っても、これから私たちが成功するためには

 

必須のテクニックです!

 

上手にマスターしてくださいね(^○^)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ