お問い合わせ

↑↑↑役立つ!料理やビジネス、アレルギー、健康、英語などに関する無料レポート一覧↑↑↑

無から有を作るビジネス。たとえ話

世の中のビジネスは、すべてが価値の無かったものから、いかにして価値のあるものにしたか?

その考えさえあれば、全くお金が無い状態から、お金を生み出すことができます。

 

ようは、アイデアですね。

 

そのわかりやすい例えを挙げていきたいと思います。

 

大昔ですが、

・自分たちが食べるために育てた農作物を、他の人が持っている何かと交換する。

 

これは立派なビジネスですね。

 

・その農作物を使い、料理を作り、周りの人に提供して、その対価としてお金をいただく。

 

料理屋の始まりです。

 

スポーツもそうです

・海で板を使って、波に乗って遊んでいた風景を見た人が、

そこらへんに落ちている板を拾って、少し手入れして、遊び方と一緒にその板を売りました。

 

サーフィンの誕生です。いまでは世界大会もありますね。

 

・ただのボール遊びを、システム化して、野球というゲームを作ったり、サッカーだったり、

 

これらも、いまではビジネスの一つとして確立されていますね。

 

インターネットもそうです、アフィリエイトもそうです。

現在のあなたの仕事もそうです。

 

この時代に生きている私たちは、完全自給自足で生きている人はほぼいません。

すべて、やることなすこと、ビジネスに関係しています。

 

このように、すべては、何もないところから、生み出されています。

すべては、自分の考えた、提供したものが、どれだけ周りの人に

価値として認識され、必要とされるか。

 

ただそれだけのことです。

 

ただそれだけのことが、わからずに自分中心に考えたり、一歩踏み出せなかったりするんですけどね^^

 

人によりたくさんの価値を与えられる人が、今の時代に必要な人間です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ